ココログ ログインココログ登録お知らせ

« リング | トップページ | お知らせ »

< 人身売買 >

 8月31日15時
 
 作家の板東真砂子さんが、自分の飼い猫を避妊させず、生まれた子猫を「殺している」と日本経済新聞に書いたエッセイに対し、抗議が殺到したらしいね。
 彼女は雌猫を三匹飼っており、子猫が生まれるたび家の隣の崖に放り投げているんだって。
 彼女いわく、
「人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない」
「自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した」
 うーん、彼女のいっていることもわからなくもない。でも、だからといって新しい命を始末する権利はあるんだろうか。
 まあ、そこらへんのことは置いといて(一番重要であると思われるが)、このエッセイのタイトルだ。
 エッセイのタイトルは『子猫殺し』。
 あたしは妙なところで関心してしまった。
 このタイトルはいい。イカす。
 ニュースで話題になっていなくても、日経新聞をとっているなら絶対に読んでいるだろうな、と思った。
 だって、「子猫」に「殺し」だ。
 シンプルでわかりやすく、そして背中がぞくっとするようなタイトルじゃぁありませんか。
 そういえばこのタイトルに似たもので、外国人の作家が書いた小説『赤ん坊を落とす』というのがある。
 あたしはそのタイトルも抜群にいいと思った。おなじような理由から。
 作品の名前であるタイトルって大事だ。けど、あまり考え過ぎちゃいかんのかも。
 妙に懲りすぎたタイトルっていただけない。恥ずかしいよ。
 ……ずいぶん話がズレちまったな。板東さんのエッセイについてだった。
 あたしの女友達、いかず後家やバツイチらは、そろいもそろってその濃ゆい愛情を犬や猫に注いでいるので、この問題に対しかなり熱くなっていた。
 ちょっとうるせー。
 彼女らのいうことはもっともだと思う。けれど、犬や猫に対し自分のことをママという彼女らには少し引いてしまうのも事実。
 その愛情をどうして人間の男にいかせないのだろう。
 先日、こんなことがあった。板東さんの問題で騒いでいる女友達の一人から、すげぇ話しを持ちかけられたのだった。
「うちの弟、消費者金融で首がまわらなくなってさ。はじめは家族で尻ぬぐいしてたんだけど、これ以上はね。……ねえ、あんた、一千万でうちの弟買わない? 馬鹿だけどよくしこんであるから、いわれたことはちゃんとやるよ。結婚するなり、愛人にするなり、家来にするなり。煮ても焼いても良し! しかも、あんたに逆らったらうちの家族みんなで弟を殴りにいってやるアフターフォローつき。どうじゃーっ!」
 マジかよ。
 驚いたけど、面白そうなのでほかの女友達を誘って、弟を彼女の田舎まで見にいった。
 やなで鮎食い放題、温泉つき。ぜんぶ彼女の接待だ。
 でも、結局弟を買う人間はいなかった。
「身体があんなに大きかったら、家に置いとく場所も考えなきゃならないしなぁ」
 あたしはいった。
 ほかの友達は、
「ハンサムだけど、三十歳を越してるのがね。だって、あたしの老後を見てくれなくちゃ」
 接待費まで使い弟を売ろうとした友達はとても悔しそうに、
「五百万ならどうじゃ!」
 あのー。よく考えたら人身売買って法に触れる行為だと思うんですけど。
 犬や猫と違うんだから。板東さんより酷いじゃん。

2006 08 31 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16470/11703303

この記事へのトラックバック一覧です: 人身売買:

» 仔猫見ると、笑顔になるでしょ? [ピノコ から]
本日の日記は、「猫、犬はあんまり好きじゃない」人はスルーして下さい。 例の直木賞 続きを読む

受信 Aug 31, 2006 3:50:01 PM

» ウチのペット事情と人身売買的な。 [えみっちぃの見る風景ハイパー から]
人身売買とな。うーん。法に触れてるってば、姐さん。 でも、考えようによっては、結 続きを読む

受信 Aug 31, 2006 8:20:36 PM

» タイトルにドキリ [もちゃこな日々 から]
室井姉さんのブログが更新されている。 『人身売買』というタイトルにびびる。 なんじゃ?! >女友達の一人から、すげぇ話しを持ちかけられたのだった。 「うちの弟、消費者金融で首がまわらなくなってさ。はじめは家族で尻ぬぐいしてたんだけど、これ以上はね。…...... 続きを読む

受信 Sep 1, 2006 12:14:00 AM

» 直木賞作家、板東眞砂子は地獄に落ちろ!! [孤独な人生の小さな灯火 から]
 このブログを書いている、teacupブログのアクセスランキング上位2つは 両方とも猫が転がってる写真が一杯載っているブログである。  あんな猫しか載ってないようなブログの何が楽しいのか分からないけど、ものす ごいアクセス数である。  ちなみに4位も猫が転がってる写真が載ってるブログである。  そして、3位はというと。  これです。  ありがとうございます。みなさんと、あいのりのおかげです。 フジテレビには足を向けて寝られません。  それはさて置き。  私は猫が嫌いである。猫... 続きを読む

受信 Sep 2, 2006 1:03:54 AM

» 子猫殺し [Get Me A Mojo Hand から]
室井佑月氏のブログからだけど、先日作家の板東真砂子氏が自分の飼い猫を避妊させず生まれてきた子猫は殺していると言うことを日経新聞のエッセイに書いて話題になったけど、室井氏がそれに対して坂東氏に共感しているようなことを書いてます。 何か友達の弟がサラ金で首が回ら... 続きを読む

受信 Sep 2, 2006 10:22:01 AM

» [新明解国語辞典を読破する から]
いまどきはもう、ねずみを取る猫は少ないだろうけどね。 ---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)--- 【猫】 家に飼う小動物。形はトラに似て、敏捷。 暖かいところを好み、ねずみをよく取る。 -------... 続きを読む

受信 Sep 4, 2006 6:53:04 AM

» 週刊現代。子猫殺しの板東真砂子にものを書かせるな! [孤独な人生の小さな灯火 から]
「だから板東眞砂子は地獄に落ちて二度と世の中に顔を出すな!!」  子猫殺しで世の中を騒然とさせた板東真砂子が週刊現代に反論を載せた。 立ち読みだけしようと思ったのだが、読んでる途中から頭にきたので買ってしまった。 くそっ、週刊誌の術中に嵌ってしまった。  読んでみると最初はそれらしいことが書いてある。 日本では年間30万人の胎児が殺されているとか、飼い主が見つからなくて殺された犬猫が合わせて33万匹もいるとか、人は自分を神だと思っていて、動物の生死を決める力があると思い上がっているとか、 ... 続きを読む

受信 Sep 5, 2006 5:27:07 AM

» アメ女ですー(-_-;) [からすとネコとお酒の毎日♪ から]
朝から降ったり止んだりの雨も夕方からはしっかり降っていますねー またも本日、読み終わった本をブックオフへ持っていきました 変わりに数冊の本購入 ほしいコミックがあるのだけどここにはなかった・・・ネットでオーダーにしようかなー 本屋に平積みされているのは... 続きを読む

受信 Sep 6, 2006 9:11:49 PM

» ちょっとしたサプライズ [くぬぎのしっぽ 〜毒吐いてみたり、浮かれてみたり〜 から]
電車の中で、室井さんのラブファイアーを読み終え、今回纏めて4冊買った室井さんの本全部読みおえた。で、読了後の達成感&満足感を胸に、いつもよりちょっとだけ早い時間に整骨院に到着。5番のベッドにHちゃんを発見したので、あるものを渡してみた。「なんじゃらほぃ?...... 続きを読む

受信 Sep 8, 2006 1:05:04 PM

» 捨て猫 [SWANの 「Trust me!」 から]
今日、生まれて初めて猫を捨てました。 正確に言うと生まれて初めて猫を“殺した”のです。 すっごい嫌な気分です。 捨てた子猫は私の家の猫ではありません。 続きを読む

受信 Sep 9, 2006 12:00:58 AM

» キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ [松木ワンダーランド から]
群馬県嬬恋村で10日、「つまごい」と読む村名にちなんだイベント「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ」(通称「キャベチュー」)が開催され、参加した“愛妻家”らが広大なキャベツ畑で「ありがとう」「大事だよ」などと... 続きを読む

受信 Sep 11, 2006 3:46:42 PM

» 作家ということ [新米主婦?新米OL? から]
一時期(?)話題になってた、とある作家の「子猫殺し」の記事。 私もその他大勢と違いなく嫌悪感がした。 だからこそその部分の話題を抜きにした、 室井さんの視点はちょっと新鮮。 特にタイトルでのコメント。 あんな短いタイトルで分かりやすく恐怖を感じさせ... 続きを読む

受信 Sep 13, 2006 11:08:14 PM

» とらば って [足跡 から]
これでいいの... 続きを読む

受信 Sep 14, 2006 12:35:33 PM

» 彼女は猫を殺したのか? [しっとう?岩田亜矢那 から]
日経新聞はとっているので18日付のコラムはリアルタイムに読んでいた。 最初はぎょっとしたが名前をみて納得した。 「坂東眞砂子」それは日本有数のホラー作家であるからである。 もちろん私は彼女独特の表現で、こういう一種ホラー的な文章で、何かを伝...... 続きを読む

受信 Sep 20, 2006 4:50:46 PM