ココログ ログインココログ登録お知らせ

« November 2004 | トップページ | January 2005 »

< クリスマスの習わしじゃ >

 ふうーっ、どうにか先週のクリスマス・ウィークを寂しくなく乗り切った。パーティーを二件掛け持ちした日もあったしな。ゆうに百人ぐらいの人間に会っているんじゃないか。
 すべて、息子のプレゼントを回収するためである。息子と二人、クリスマスの夜を暴れまわった。
 というのも、息子がどっかからもらってきた絵本にこんなことが書かれてあった。
 ーークリスマスイブ。仕事から帰宅したお父さんが、寝ている子供たちの枕元にそっとプレゼントを置いておく。子供の一人が頑張って起きている。薄目を開けてその様子を見ている。そして翌朝、プレゼントを抱えて両親にいう。「サンタさんはお父さんに似ていたよ」ーー
 息子があたしに訊ねてきた。
「お父さんがサンタだったのか? お父さんに似ているサンタだったのか?」
 あたしは答えた。
「お父さんがサンタだったんだな。半分眠っていたから、気づかなかったってオチさ。洞察力の足りない子供だ」
「お父さんがサンタなら、ぼくはクリスマスプレゼントはもらえないのか?」
「もらえるよ。もらえるように、ママがどうにかしようじゃないか」
「約束な」
「ああ、約束だ。ママにどかんと任せとき!」
 そして、その日からあたしは頑張った。
「お父さんのいない可哀想な佑歌くんに愛の手を」
 そう周囲に宣伝しまくっておいた。
「さあさあ、みんな。2004年に働いた悪事を、クリスマスですべてチャラにしようじゃありませんか。綺麗な身体で2005年を迎えようじゃありませんか。その方法? なーに、お父さんのいない可哀想な佑歌くんに、ちょっとした善行を働けばいいんです。神様は見ていてくれます」
 で、クリスマス。あたしの地道な運動により、あたしとあたしの周囲の人間にとって、その日は『お父さんのいない可哀想な佑歌くんにプレゼントを渡す日』と変わった。
 サンタの役をするお父さんなぞ、我が家にはいらん。ちゅーか、うちは浄土真宗だから、サンタなぞ来んでいい。
 クリスマス期間、あたしら親子と出会ってしまった人間は、速やかに息子へプレゼントを渡さねばならぬ。それが新・クリスマスの習わしじゃ。
 そしたら、びっくり。あたしのまわりの大人は、よほど悪事を働いているのかね。六畳間、一杯にプレゼントが集まった。
 丸山あかねなんて、二つもプレゼントを渡してやんの。ホステスの友達は、なぜか泣きながら息子にプレゼントを渡しているしよぉ。
「たしかにあたしは今年も悪事を働きました。しかし、生きていくため、仕方ないのです」
 とかなんとかいっておった。
 パーティーつづきで疲れ気味の息子は、
「幸せだ」
 と寝る前にしみじみつぶやいていたっけか。そりゃあ、そうだよな。玩具屋を開けるぐらいプレゼントが集まったものな。中野区イチ幸せな子供だよ。よかった、よかった。
 考えれば、お互いによかったよな。息子にプレゼントをあげたみなさんも、少しは心が軽くなったでしょっ。真っ新な気持ちで新年から頑張れるでしょっ。
 来年もよろしく。ゆかいな親子がプレゼントの回収にまわります。
 
 
此処カラ何ガミエル
 熟女っていうな。この先、まるで腐るしかないみたいだろうが。
かんたの母日記
 O原の密告により、次男げん太がいることが発覚。ブログを『かんた・げんたの母日記』に変えるのか?
N.styleでいこう
 あたしは逆の意見。外から見られている自分が、きっと本当の自分だと思っている。それについては今度ちゃんと話すよ。
ヲトアンの読むだけただ
 馴れている人といると疲れる? あたしは、同級生の愛子の家にいって、やつとは一言も話さず漫画を読んで帰ってくる。そういうつき合いが二十年つづいておる。
神崎じい
 焼いたビールはウィスキーのことだったのか。あたしはウィスキー党。サントリーの山崎好き。
 

2004 12 27 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | トラックバック

< 無理に仲良くしなくても良し! >

かんたの母日記』を読んだ。
(そうなんだよね。距離感って、人付き合いに置いてけっこう大切なことかも)
 って思った。
 でも、あんまり、
(この人とはこのぐらいの距離を取って、あの人とはこのぐらいで……)
 などと考えすぎない方がいいかな。
 知り合いがこの年末、入院してしまった。あたしより彼と親しくしていた共通の知り合いから聞いたのだが、彼は人付き合いで悩んでいたという。入院する直前には誰にも会えなくなってしまったらしいの。
 毎日、毎日、生きていればたくさんの人に会う。コミュニケーションを取る際、いちいち距離感を考えていたら、身体がもたないよね。
 あたしはさ、ものすごく悪い人も、ものすごく良い人も、いないと思っているの。
 だって、自分がそうだもん。善人でお人好しのときもあるし、意地悪でやたら計算高いときもある。日によって変わることもあれば、相手に対して変わることもある。相手に関していえば、出会ったタイミングも重要だしね。
 ……いや、新聞やニュースを観ていると、ものすごく悪い人ってのもいるか。けど、一般的には、良いところも悪いところも持っている、それが普通の人間じゃん。
 良いところや悪いところは、相手との相性で引き出される部分が大きいと思うね。
 星座や干支や血液型で調べる相性占いってあるじゃん。必ずしもそれが当たるわけではないけれど、努力しても変えられない相性ってあると思うのよ。
 だからさ、感じの悪い人がまわりに一人ぐらいいても、
(どうすれば相手と上手くやっていけるかしら)
 と考えるより、むしろ、
(仕方ないね)
 と諦めてしまったほうが自分に優しい気がする。そしてその方が、相手とのつき合いも上手くいく気がするんだな。相手からなんにも期待しないぶんだけ。
 それにさ、感じの悪い人がいるおなじ比率で、自分に感じの良い人もいるわけだし。そう考えると、
(ま、いっか)
 と思えるなぁ。
 かんたのママ、職場は仕事をする場所なんだから、無理に同僚と仲良くしてなくても良し! あたしが許す。

吠える! 平社員日記
 これからは、平社員のO原とお呼びすればいいのですか?
 
神崎じい
『焼いたビール』ってなに? 神崎じいの心の中で作られた架空の飲み物か? あたしの心の中では『鈍八先生』という西田敏行・主演の学園ドラマがアンコール劇場で昼から放送されております。
 アルコール、お互いに控えましょう。

2004 12 21 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | トラックバック

< 韓国ホストクラブは楽しい! >

 スキー場情報、どうもありがとね。今、みんなが教えてくれたスキー場の、どこにいくかを検討している最中。長野県のスキー場だけは、電話をしたら雪があるかどうか微妙だといわれたっけ。年々雪の積もる日が遅くなってきているとか。やっぱ、地球温暖化が進んでいるのかね。じっくり考えると、なんだか怖い。
 まあ、ずうっと怖がってばかりはいられんので、ちゅーかあたしが怖がりつづけていても地球に優しいわけじゃないので、パアッと飲みにいってきました。
 ホラー漫画家の円山みやこちゃんと、オカマ・ライターのADAと、元ホストのまことと。
 いや、はじめはライターの丸山あかねやカメラマンの村尾や、たくさんのメンバーと飲んでいた。
 しかし、深夜二時を過ぎると、一人消え、二人消え……。残ったのがこの三人+あたしである。
 あたしはともかく、あたしと朝の八時まで遊ぶなんて、やつらの頭は膿んでるな。ま、そういう友達もいないと、困るんだけどさ。
 あたしは子供がいるから、滅多に飲みにいけない。だから、いいじゃん、たまには。
 それにあたしは、飲むとなったら朝の八時まで飲むと決めてるんじゃ。一度、家に帰って寝てしまうと、息子の起床時間に起きることができない。あの男、自分が起きたときにあたしも起きていないとうるせーんだよ。
 それにしても、あたしと共に残って飲んでいた三人は、
「もうそろそろ」とか、
「今、何時」とか、
 ぜんぜんいわなかったな。ふつうに、飲みつづけておった。普段、どういう生活してんだか。
 みやこちゃんは仲良くなった今でも、よくわからない人だ。何度会っても、最初の三十分間は丁寧語であたしに話しかける。
 じつは、彼女には、あたしの本の装丁の絵などを描いてもらっている。もともとあたしがみやこちゃんの漫画が好きで、ぶんか社の人に紹介してもらい仲良くなった。
 ADAは鬼瓦みたいな顔をしたオカマだ。一昨年、「室井佑月にしてください」と事務所にやってきた。あたしは人から憧れられるタイプのキャラじゃないから、嬉しくてつい舞い上がってしまった。以来、ずっと妹みたいに可愛がっている。ADAがアイドルのような娘だったら、もっと可愛がったように思う。
 まことは遊び友達だ。顔がキムタクに似ていて背が高く、一緒にいると誇らしいからよく呼び出す。
 この三人+あたしで、悪ノリしまくり韓国ホストクラブにいってきた。変わったところにいきたいといったら、まことが案内してくれたのだ。
 あたしは以前、日本人ばかりのホストクラブにいったことがある。でも、はっきりいって期待はずれだった。席についてくれたホストは、ジョーダンズの髪の長い方の彼に似ていた。が、まったく話が面白くないでやんの。か、金返せや。
 けれども、韓国ホストクラブは楽しかったな。なんたって、隣に座ってくれた子はウォンビンそっくりなんだから。うほーっ。
 ほとんどのホストが、日本語を話せない。それもいいよ。彼らが、賢いか、賢くないかわかんないからさ。いっくら顔が可愛くたって、頭が悪いとな。お金払ってなんでこんな馬鹿な男の相手してんだろうと、きゅうに素面になっちまうんだもの、あたし。
 で、彼らは日本語を話せないから、テーブルに辞書が置いてあるの。それと韓和電子辞書。それをいちいち引き、お互いにお互いの意志を伝え合う。つっても、会話にはなんないわな。言葉がわからんから、深いことは話せない。
「あなたのこと、タイプです(日本語)」とホスト。
「ほんとうですか。あたしは嬉しく思います(韓国語)」とあたしたち。
「なにもしません(韓国語)」とADA。
「目を閉じて(韓国語)」とあたし。
 ほんで、ホストくんのほっぺにADAとあたしで左右からチュウ。
「悲しく思います(日本語)」とホスト。
「あたしたちはお客です(韓国語)」とあたしとADA。
「それは素敵(日本語)」とホスト。
 くだらない、くだらなすぎる。しかし、年齢を忘れ、子持ちだということも忘れ、ついノリノリになってしまった。
 そうそう、こらっ、円山。いっくら今、葬式の話の連載漫画を書いているからといって、ホストクラブにいって葬式の話をするんじゃない。
「宗教? 宗教?」
 としつこくホストたちに聞かれただろうが。てか、なんで彼らは宗教という言葉だけ知っていたのか今でも謎。

2004 12 15 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | トラックバック

< ソリ・コースが充実しているスキー場を教えてね! >

 バレンタイン小説、ようやく終わりました。ヤッリィー! これで安心して、ぐっすり眠ることができる。穏やかな気持ちで正月の計画を立てられる。
 正月はさ、息子をスキー場に連れていく約束してんだよね。どなたかソリ・コースが充実しているスキー場を知りませんか?
 というのも、去年いったスキー場はキッズランドがしょぼくて参った。これならば、青森のおばさんちに遊びにいけばよかったとひたすら後悔したよ。おばさんちの裏にある土手より短い坂、そこでしかソリに乗っちゃいけないんだもん。
(満足じゃ!)
 そう思わず叫んでしまうぐらい、ソリ遊びを満喫したい。知っている方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。
 話はかわりますが、変態話のウケはいまいちだったようね。いろいろな事件が起こったりしているし、ちょっと考えなさすぎたかな。ごめんなさい。
 でも、変態が必ず事件を起こすわけじゃないんだよ。誰にも迷惑をかけずに独り遊びを楽しむ、奥ゆかしい変態だっているよ。
 もう、この話は止めようと思ったけど、変態の友達がどうしてもそこのところをはっきりさせてくれって。
「俺がブリーフにナプキンを貼りつけて、誰か迷惑しているのか」
 と小声で抗議された。
 あたし以外の人間はどうだかわからないが、あたしは迷惑してないな。ま、そんなことどうでもいっか。
 せーっかく仕事の大きな山を越えたのに、好きなブランドのバーゲンはもう終わっていた。新しくできた羽田空港の全日空ターミナルは飛行機に90%直接乗れるって話だったのに、たまたまバスを使わなきゃならなかった。酒屋にいけば、あたしの好きな酒は売り切れだしさ。焼き芋屋のトラックを追いかけたが、追いつけなかった。最近、プチ不運がつづいている。
 年末ジャンボで盛り返したいところだ。当たってないかな、三億円。

2004 12 08 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | トラックバック